徹底した品質管理体制

安心・安全で健康的な食品つくりを促進。

食に携わっている企業として、子供から大人まで安心して食べることができる商品の提供は企業使命。
そのためシンノオでは安全管理を第一に考え、仕入れから生産、流通、販売にいたるまで衛生管理体制をマニュアル化し、全ての部署で厳しいチェック体制のもと、安全・安心・おいしい惣菜、弁当をお客様に提供しています。

お客様の満足を第一に考え、伝統の味や健康をテーマに、オリジナル商品を開発。
シンノオが大切にしている味、それは日本独特の美味しさや人の手によってしか作れないまごころの味。一品一品手作りで丹精込めて作られる惣菜や弁当は家庭料理をモデルとし、抜群の栄養バランスを実現。また、お客様にいつも新鮮な感動を味わっていただくため、四季折々の旬な味が楽しめる弁当やヘルシーで健康的な食材を活かしたメニューなど、新商品の開発に特に力を入れています。

月に1回、新商品の企画開発会議が行なわれ、商品コンセプトの決定、旬な素材の選定から容材・パッケージへのこだわり、価格設定にいたるまで緊密な打ち合わせを行ないます。その上で、マーケティング調査も実施し、お客様やお店の意見を取り入れ、試行錯誤を繰り返しながら新商品を開発して、お客様へ常に新しい味と最適なコストパフォーマンスを提供しています。
 
品質管理室を中心に、全ての部署で品質・衛生管理をチェックし、安全性を確保。
食の安全が求められている現在、日々食材を扱う企業として、仕入から生産、流通、販売まで、一貫した衛生管理をマニュアル化し、各工程で厳しい検査や確認を実施した上で、安全・安心なおいしさをお客様に提供しています。

特に、仕入部門ではシンノオグループの品質管理企画に基づき、加工品や原料に含まれる添加物の削減や、遺伝子組み換え製品の不使用など、チェックを強化し安心・安全で鮮度の高い食材を仕入れています。また、本部スタッフが頻繁に店舗を訪れ、品質維持(衛生管理、調理手順など)に対する従業員への浸透度、法規制の遵守状況などを細かくチェックしています。シンノオでは、このような「食材」「調理」「衛生管理」の3つの安全・安心を確実に実践し、お客様に信頼される「食」のサービスを提供しています。